toggle
HANA*Link はなでつながる はなで繋げる
2022-03-07

ルピナス&ネメシア(エッセンシャル)入荷しました!

◆ルピナス◆

開花期:4月~7月 耐寒性:強い-5度 耐厚性:弱い 

鉢植え:土の表面が乾いたらたっぷりと水を与え、冬の間土の表面が乾いてから1日~2日空けて水やりをしましょう

ポイント:ルピナスは春の花壇や鉢植えにぴったりで、イングリッシュガーデンの伝統的な花。花色が豊富で、花壇が華やぎます。 切花としても多く出回っています。

日当たりと水はけのよい肥沃な土を好み酸性土壌を嫌うので、

地植え:植付け前に石灰を土に混ぜてください。肥料分も少ないほうがよく、特に窒素は控えるようにします。
直根性で根が土中深く伸びますので、成長してからの植替えは避けて下さい。
過湿に弱いので、夏場は涼しく管理してください。耐寒性がありますが、結する地域では霜よけしてください

◆ネメシア◆エッセンシャル

カラー:ラスベリーレモネード 

エッセンシャルシリーズは、従来のネメシアに比べ、開花が早く、耐暑性に優れている大変育てやすいシリーズでほのかに香る花は発色が良く大変美しい花色で、花壇や寄せ植えに彩り添えてくれます。

開花期:春~秋 耐寒性:普通 耐暑性:弱い 

管理・栽培:

直射日光を好みますので、日当たりがよく、風とおしの良い所で育てて下さい。
花壇に植えるときは、排水のよい場所を選んで下さい。

鉢植え:多湿を嫌いコンテナやハンギングで育てる場合、雨の日が続くような時は軒下で管理。雨に濡れないほうが株の痛みを防ぐことが出来ます。有機質に富んだ水はけのよい用土を好み元肥として緩効性肥料を入れて植えつけてください。

地植え:植え付け1ヶ月後から、月1回程度固形肥料置肥するか、週1回液肥を与えます。水やりは用土の表面が乾き始めたら、水を与えてください。過湿を嫌いますので、用土の表面が濡れている時は水やりは控え気味与えます。
花がらつみ・花茎の元から切り取ってください。

花が咲き終わってきたら、株元から5~10cmのところで切り戻し、新芽が出てきたら、追肥を与えておくと 芽が伸びて花芽が付きます。

#太田市はなリンク#はなLink#新入荷お花情報♯レッスン#お花レッスン#観葉植物#ソープフラワー#レッスン#季節の花#ウェディング#H-Linkオンラインショップ#お任せ季節の花束#アレンジメント#贈り物#バルーンアレンジ#ブーケ#ドライフラワーブーケ#プリザーブド#

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA